結局どっちが良いのか?

business_chuukan_kanrisyokuしばらく住み続けたマンションを売ろうと決心したなら、不動産会社に依頼して、買ってくれる人を探すようにします。この時に不動産会社は仲介役として、買ってくれる人を独自の技術と知識を用いて探してくれます。
不動産会社との契約方法にはいくつかの種類があります。大きく分けると、一般媒介契約と専任媒介契約の2種類です。後者にはもう一つ専属というものが存在しますが、大きな差は自分で買ってくれる人を探して勝手に交渉できない部分くらいで、その他はさほど違いは見られません。
両者の契約方法を比べた時に、利用者にとって良い方法が専任媒介契約です。よほどの理由がない限りは、こちらを選ぶのが正解です。

専任媒介契約のメリット

job_fudousan_kanteishi専任媒介契約のメリットは素早く不動産情報が全国に広がることです。不動産に関わる流通機構のレインズに登録する義務があり、7日以内に不動産会社が登録を済ませてくれますので、レインズを通じて他の不動産会社に売りたいマンションの情報が届きます。買ってくれる人はいつまでも不動産を購入せずに待っているとは限りませんから、素早く不動産情報を流すことは非常に大切なポイントです。1社としか契約を結べませんが、その分だけ不動産会社が熱心に売り込んでくれることが多くなっています。他の不動産会社に成果を取られないため、不動産会社にとっても旨味のある契約方法であるのが理由の一つです。他の理由として契約の縛りがきついために3ヶ月という短い契約期間に限定されることから、不動産会社としても期間内に結果を出したい心理が働きます。依頼者に対する報告義務があり、2週間に1回以上しなければなりません。依頼した物件の状態がどうなっているのか、把握しやすいメリットを持ちます。

一般媒介契約のメリット

kangaeruhito一方の一般媒介契約の場合は、レインズに登録する義務がありません。売りたいマンションの情報が不動産会社の間で共有しにくく、購入希望者に物件の存在を知ってもらえないリスクが高まります。
複数の不動産会社と契約できる魅力がありますが、不動産会社の立場としては熱心に売り込んでも他の会社に手柄をとられるリスクがあるため、あまり積極的に売り込んでもらえない危険をはらんでいます。依頼者へ状況の報告義務がないため、依頼者自らが話を聞きに行く必要が出てきます。
このように、一般媒介契約は一見すると売れそうな契約方法ですが、長く契約していても売れる確率が低くなる傾向が強いのが気になるところです。初めから専任媒介契約を選ぶのが賢い判断だといえます。