掌に乗った家

良く聞く競売物件。

私が競売物件に興味を持ったのは理由はただ一つ

「不動産を安く買えるから」

です。

不動産投資を生業にしている人には、競売物件は外せません。

競売物件は基本的に一般の価格よりも安く購入できて、誰でも簡単に購入が可能です。

競売物件は様々な事情でオーナーが住宅を手放した物件で、一般価格よりも安い値段でリリースされています。

そんなおとくな競売物件。

しかし、美味しい話にはがある。

競売物件にど素人が手を出しても大丈夫なのか?

調べてみました。

競売物件ってなに?

折り紙で作った家

競売物件とは、その名の通り

「競売されている物件」

の事を言います。

ただ、普通の売りに出されている物件と競売物件の大きな違いがあります。

それは競売物件は、強制的に売らされているという事。つまりは

  1. ローンの支払いが滞り手放した物件
  2. 事故でオーナーがいなくなった物件

などです。

競売物件を買おうとする人は、こういった理由の空き家(オーナーのいない)状態の物件を入札で購入します。

入札で最終的に高値を付けた人が購入することが可能となります。

物件は誰でも購入できるので、不動産投資目的や、自分で生活するための物件としても購入可能です。

落札するためには必ずオークションに参加することになります。

オークション方式での購入

オークションと書いた板

競売物件の購入は誰でも可能です。競売物件を掲載しているサイトもあります。

中には購入価格の半額で物件を販売しているケースもあり、一般の住宅を購入するよりも安い条件での購入が可能です。

地方裁判所や不動産会社で不動産についてのデータを調査することも可能で、地方裁判所の閲覧室にて不動産の評価を確認します。

オークション方式での購入がメインですので、購入の際には保証金が必要になります。(頭金のようなもの)

入札して最終的に高い金額を付けた参加者が購入できる仕組みになっています。

条件は他の希望者よりも多い金額で入札して物件を購入します。

落札したら所有権の移転登記を行います。

難しい手続きや参加費用などはいりませんが、購入する際には不動産の状態などを確認して購入しましょう。

不動産の地価等を調査してから購入

netsearchと書いたイラスト

競売物件の入札は誰でも参加可能ですが、不動産に詳しい方なら問題はないでしょう。

しかし初心者が競売物件を購入するならば注意が必要です。

中には欠陥のある物件や築年数が経っている物件もあります。不動産投資としてアパートマンション経営などのために競売物件を安く購入したい方は注意が必要です。

物件のロケーションや序用、また税金面での固定資産税など不動産の維持費についても詳しく調査をしておくことが大切です。

購入してからは所有権の移転登記を行います。

初心者、素人のケースでは大きな不動産の購入はコンサルタントに相談しておいても良いでしょう。

競売物件は不動産購入なのでやはり大きな買い物になるのは確実です。

そのためまずは頭金を用意して、不動産も調査してから購入をすること、そのためには不動産の地価を 国税庁のサイトで確認することが大切です。

インターネット上で競売物件を検索可能

インターネットで調べ物をしている男性

インターネット上で競売物件を検索でき、日本国内の都道府県から物件を確認することができます。

中でも物件が多く掲載しているのは不動産競売物件情報(BIT)です。

競売物件の登記情報を見れて、不動産投資はにおいてのアパート、マンションの検索も可能です。

不動産の条件や価格まで確認でき、多くの競売物件情報を提供しています。

競売物件を購入する際に必要なものは

家とお金と豚のイラスト

競売物件は誰でも購入が可能です、揃えるべき書類を揃えて申請しましょう。

競売物件は占有者がいて売り出されている物件もあります。

いまだに居住者が済み続けていて期限が来たら空き渡す場合と空き家となりオーナーがいないケースもあります。

入居者がいない物件ならば、購入してからすぐに入居が可能です、不動産の購入は個人だけでなく法人でも購入可能です。

税金面でも免除されお得です。複数人での共同入札も可能です。

共同入札もでき、融通が利きます。初めの保証金は売却基準価格の20%なので、

購入前に資金を確認しておきましょう。

ネットで検索できるから競売物件は便利に探せる

インターネットで調べ物をしている男性

インターネット上で競売物件情報を確認してそのまま入札もスムーズにできるサイトを活用して、日本全国の競売物件を良い条件で購入することができ便利です。

競売に関する知識がなくても誰でも購入が可能な競売物件は地域、裁判所から選択することが出来ます。

不動産投資として購入したいサラリーマンの方も失敗しないように入札の前に競売物件を確認して値段を確認し、補償金を準備すれば競売物件での購入は誰でも可能です。

競売物件は初心者が手を出すと失敗してしまうケースもあります。

理由は不動産に関しての知識が薄いことが挙げられますが、地価を調べていなかったり競売物件の買い方を知らずに、入札しローンを支払っている方もいます。

安く不動産が手に入るのは魅力的と感じますが欠陥住宅や築年数が古い不動産は利用価値も低く、またリフォームにお金がかかってしまうケースも少なくありません。

書類の書き方から落札までの流れを、一通り把握している専門家ならばお得な競売物件を購入することができるでしょうが、競売物件は不動産の鑑定になれていないと意味がありません。

お得な不動産購入が可能

バリュープライスと書いたイラスト

また「競売」に競り勝つ必要もあり、人気の競売物件は応募が殺到することもあります。

この時に自分の希望金額以内で入札することができれば、十分に採算が取れますが、落札金額がオーバーしてしまう際にはお得な不動産購入になるかどうかはわかりません。

そのためしっかり不動産の鑑定から価値を割り出しておく必要があります。

相場をはっきりさせる必要があります。

競売物件の買い方、物件の引き渡しまでスムーズに行う必要もあり、初心者はコンサルタントに相談しておく必要があります。

「 競売 」は、債権者が住宅ローンやその他の借り入れにおいて債務不履行状態となり債務者の債権回収のための法的手続きです。

米国ではサブプライムローンなどで空き家となった住宅も競売物件として販売されることが多く、競売システムは日本だけでなく外国でも存在しています。

中には安く買えるのならどんな物件でもよいと考えている方もいますので、安い物件探しならば競売物件は目を通しておく価値はあります。

また競売物件には占有者がいる場合といない場合がありますが、実際に購入前には不動産を確認しておく必要があります。

不動産は特に初心者が変な物件を買って困らないよう多少の勉強が必要と言えます。

落札してから

落札のイメージ図

落札してからは初めにかかる頭金20%を裁判所の指定する銀行に振込むので、安心です。個人名義や、付き合いのない不動産会社に振り込む必要はありません。

競売物件の買い方 について不安がある方は、

競売代行サポートセンターなどを利用して不動産を購入することも可能です。

売却基準価額の10分の2以上の保証金が必要なので落札金額と手持ちの資金をしっかり把握しておくことも肝心です。

トラブルの可能性がある物件、また条件が悪い物件も中にはあります。

安全で格安な物件を探すことができれば希望金額内で入札して購入する事が可能ですが、不動産は大きな買い物になるので変な物件を買って困らないよう注意も必要です。