タワーマンションの定義とは?

building_talent_jimusyoタワーマンションというのは、通常のマンションよりも建物の高さが高いのが特徴で超高層マンションと呼ばれることもあります。なお、その定義となると明確なものがないのも特徴です。
タワーマンションには法的な定義というものはありませんが、建築基準法の条項の内容に則って、高さ57mを超える建築物をタワーマンションとして定めていることが多いです。なお、実際のマンションの階数で言うと17階を超える高さが同程度とされています。
ちなみに、別の観点からタワーマンションの定義づけが行われることもあります。それが、環境アセスメント条例に則ったもので、マンションの高さが97m以上の場合に、タワーマンションであるとされる場合もあります。”

タワーマンションが人気の理由

bg_outside_buildingsタワーマンションには、高さや階数の規定があるわけではありません。しかし、一般的に周囲の建物群から抜きんでた高層マンションで、見晴らしの素晴らしさを売り物の一つにしているものであるといっても間違いはないでしょう。また、眺望とともに立地の良さも条件に入ってくることが、タワーマンションの人気の理由でしょう。つまり、便利さと快適さ、そして高級感こそがタワーマンションの神髄であり、人気の理由であるといっても過言ではありません。

タワーマンションのデメリット

building_fudousan眺望と、住み心地のよさから、近年タワーマンションの人気が高まっています。そのため、購入や入居を検討している人も多いことでしょう。しかし、何事にもデメリットはつきものです。それらもしっかりと踏まえた上で考えていくことが大切です。タワーマンションは地震の多い日本に建てられるものですから、当然、堅牢な耐震設計になっています。同時に、地震の衝撃を緩和させるため、揺れに合わせて、マンション自体も揺れるようになっています。そのため、実際の震度以上に強い揺れを感じることも少なくありません。また、台風など、強い風の影響を受ける場合も、同じように揺れてしまうこともありますので、事前に心構えを作っておきましょう。

それでも私はタワーマンションを売る理由

company_telephoneタワーマンションは高級マンションと言い換えられるほど敷居が高い物件です。それでも私が、タワーマンションを売る理由はセキュリティの良さ、部屋のきれいさや広さ、窓が多く大きいので光がはいってくることや、眺めの良さがあります。また、一軒家ではすんでいる人とのお互いの距離が遠くなることも場合によってはありますが、タワーマンションでは家族や同棲相手と近くに入れて、家族愛や親子愛などもはぐくまれます。また、最近は泥棒などへの防犯対策もしっかりされていますし、管理人さんもいらっしゃるので24時間安心サポートです。また、駐車場も感じされていたり、近くにスーパーがあるなど立地条件も不便なく暮らせるように改善されています。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。