不動産業者3社に一括査定をして最後は1社に依頼する

building_fudousan「売り払う」と決心したら、不動産業者へコンタクトを取り、あなたのマンションの査定を委任します。
この前段階では委任する不動産業者は3社と決めてしまった方が良いと思います。

現実的に言うと、一番初めの段階で自分のマンションはいくらくらいで販売できるのか?を知るために、ネットを使って、同じ地域且つ同じ家の価格を調べ目星の付いた不動産業者がある中より、次にあげるようなまったく異なるタイプの業者を選ぶのがおススメです。

タイプ別不動産業者

複数の支店を構える企業

自分の会社の顧客データを利用した営業活動で、本領発揮します。更には地元に限らず、自社の支店を通じて広範囲から購入者を探す事が可能になります。

地元で長い期間営業している企業

building_kaisya_small不動産だけではなくたくさんの地域のコミュニティに参加している可能性が非常に高いです。そうなると信頼関係の構築されている状態からの販売になりますので、かなりの融通が利くこともあります。
このような業者のタイプを見定めるには、なんといってもインターネットで不動産業者の各社のホームページで紹介されている企業の特徴や実績というものをチェックしながら確認するとOKです。
また、なぜ3社に声をかけるのかというと、三者三様という言葉があるように、3社を見ればおおよその相場はわかるからです。3社の業者が別々の角度からあなたのマンションの価値を判断し、異なった売り出し価格をお見せしてくるでしょう。
ですが、査定を頼むときは、いずれの業者にも大差なくマンションの概要を提示した方が良いでしょう。
最低限の条件が異なると、査定結果を比較する事ができません。加えて、正しく査定を行なう為には、物件の不具合といった情報もできる限り提供することが必要不可欠です。

査定額が提示された

査定額が提示された後は各々の会社に下記の3点を確認しながら、最終的に売買を頼む会社を1社のみに決めます。

どうしてこの金額になるか、その根拠を手抜かりなく説明する事が可能である

各社それぞれに独自の査定方法というのが存在します。あなたのマンションの何処の部分を評価したのか?メリットもしくは、デメリットを説明して貰いましょう。

販売する地域の情報を正確に知っている

各々の会社の独自の査定方法を使った売り出し価格というのは基本は理論上のものなのです。実質上の住宅市場は刻一刻と移り変わっているので、最新の取引事例をもとに調整を欠かすことが出来ません。適切に取引事例を外さないでいるかどうかを確認しましょう。

高い査定価格だからと言って喜んではいけない

kousou_building売り手に気に入って貰う為に、そして査定依頼を獲得することを目的として、高い査定価格を提出して来て、実際に売りに出したあとに、買い取って貰えないという理由で値下げを要求してくる、という業者は信用できないのです。
買主は価格情報に敏感です。簡単に値下げするような物件は何かデメリットがあると判断される事もあります。
それとは別に、低い価格査定を見せる会社の目的は、早い内に売りさばくこと以外にありません。
売却期間が長くなれば、その時間が営業コストとなります。
結局は「妥当な価格設定」が重要と言う事になります。