不動産会社が宣伝してくれない

building_fudousan私の体験談になりますが、マンションを売却しようと思って、いくつかの不動産会社に査定をしてもらいました。訪問査定の結果は、2200万円~2500万円くらいと差がありました。私は、2500万円と査定をしてもらったところにお願いをしました。それだけ高く売る自信があることが感じられたからです。
しかし、1年経過しても購入希望者はほとんど現れませんでした。たまに購入希望者が現れても、1700万円なら購入してもいいなど、ありえない値下げ交渉をしてくるので、スルーしていました。1年と4ヶ月くらいが経過して、不動産会社を変えることにしました。やや特殊な物件だったので、不動産会社がうまく宣伝してくれていないことが原因なのではないかと考えたからです。

大きく損をした

sick_noukousoku売り始めた頃は、築年数が9年だったのですが、時間がかかってしまったせいで築年数が10年になってしまいました。築年数が10年未満で検索をする人は多いらしく、値段を下げなければ売れないだろうと言われました。2社目では、2200万円まで値段を下げて、売りに出すことにしました。
結局、値下げ交渉に応じることにして、1800万円で売ることになりました。時間をかけてしまったこと、不動産会社の選択を失敗したことで、結局最初の査定額よりも700万円も損をしてしまいました。
さらに、私は過去の失敗を忘れようと、マンションのことは考えないようにしていました。しかし、この後も不幸は続きました。三千万円以上で購入をしたマンションが1800万円で売れたので、確定申告は必要ないと思ってしていませんでした。ところが、後で調べたら「特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」というものがあり、給与所得などから税金が控除できるらしいのです。結局、一千万以上も損をすることになりました。