好きになれない環境

bg_outside_buildings私はマンションを保有していましたが、引っ越しをすることになったため、それを処分することにしました。なぜ、引っ越しをすることにしたのかというと、周囲の環境が不便であったからです。イメージとしてはおしゃれな地域であるため悪くはないと思ったのですが、普段の生活に必要なお店の類が充実していませんでしたし、街並みも人工的な環境であったため住んでいてあまりいい気持にはなれませんでした。

そのため、しばらくは我慢していましたが、より良い物件を見つけることができたので思い切って手放すことにしたのです。購入したのは10年ほど前の物件でしたので、新しいわけではありませんが古いわけでもありません。そのため、それなりの価格で売れるだろうという見込みをもって、仲介業者である不動産会社に査定を依頼してみました。そうすると、7000万円ほどで購入した物件ですが、大体4000万円ほどで売れるとの見込みを出してもらうことができました。

私はこのくらいの額でも十分良いと感じましたが、相場観がないため、本当にこれくらいなのかを知るために、他の業者にも査定を依頼しました。そうすると、そちらの業者ではもっと高い値段である、5000万円でも売れるとのことでした。数字だけ見るとあまり差は内奥に見えますが、冷静に考えると1000万円の差は大きいです。もちろん、売る値段は仲介業者を利用するため自分で設定することができますが、業者の言う通りの値段で仲介を依頼していれば、最悪1000万円の損をすることになります。

結局、私は高く査定をしたところに仲介を依頼しました。そこの業者は定期的な連絡も密にしてくれて、最終的に買い手をこの価格で探してきてくれました。もし、4000万円で売っていたら1000万円損したことになりますので、複数の業者に査定してもらってよかったと思っています。