思っていたよりも安値

kangaeruhitoマンションを売るにあたって不動産会社に査定をしてもらったことがあります。売ろうと思ったマンションは築年数も経っており、設備に関しても一昔前のものでした。しかしながら立地もそんなに悪くなく、建物自体もきちんとメンテナンスが行き届いていましたからそれほど価値は低くないだろうと考えていたのです。ですから不動産営業マンに見てもらう時にも、高額査定がされるかもしれないとちょっとだけ期待の気持ちを持っていました。
ところが実際に査定をしてもらったところ、思ったよりも低い査定額を付けられた時にはびっくりでした。その金額になった理由を色々と聞いてみると納得ができる部分もあったものの、でもすんなりと認めることもできませんでした。そもそもマンションを売ろうと思った理由は一戸建てを購入する資金に充てたいと考えていたからですし、それにも関わらず思った以上に安値でしたから下手をすると一戸建てを購入する計画自体も頓挫してしまい兼ねませんでした。

安易に売らない方が良い

haguki_shisyuubyou_man気持ちとしては当然もっと高く売りたいと思っていましたから、別の不動産業者にも相談をしてみることにしたのです。先に出してもらった査定額に近かったら諦めて売ってしまおうと思ったりもしたのですが、しかしながら査定額はやっぱり業者によって違うものですね。別の業者に見てもらった結果、最初の業者よりも良い金額を付けてもらうことができたのです。ですから後から査定を受けた業者に依頼しようとしたものの、ただ、もしかしたら競合してくれるかもしれないと考えて先の不動産営業マンに連絡をしてみることに。
するとその不動産営業マンが結構頑張ってくれたのです。後から査定をしてもらった業者よりも良い金額を出してくれましたし、金額が上がったのは大きな喜びでした。頑張ってくれた不動産栄養マンには本当に感謝です。しかしながら交渉をすると金額が大きく変化することもあるのだなと勉強になりました。不動産の売却は金額も大きくなりますから、安易に売ってしまわないように注意が必要ですね。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。