この記事は: 3分で読めます


マンション査定のシュミレーターの信用性はどうなのか?と聞かれれば

そこそこある。

としか答えられません。

なぜならば、こういったシミュレーションは、不動産情報APIというビックデータから統計をとって相場を回答しています。

適当な回答をしている訳ではないのですが、不動産の価格というのは、所在地、築年数、所存階、構造、方位、交通の便、周辺環境だけ

で決まる訳ではありません。

部屋の状態によっては、大幅なリフォームが必要になる場合もあるでしょう。

部屋の状態や近隣住民、物件の最近の人気度まではビックデータの中に含まれませんので、実際の売却額とは必ずズレが生じます。

だから信用性は、そこそこあるという事です。

シミュレーション?シュミレーション?どう違うの?

結論から言うと、どっちも同じ意味で、「シミュレーション」が正解になります。

日本語の音韻体系での発音では、「シミュ」と発音する事が難しいので、結構多くの人が間違って「シュミレーション」と言います。

私もずっと間違っていた訳ですが。。

豆知識として紹介します。

マンション査定シミュレーションとのズレを解消するには?

実際の価格とズレが生じるシミュレーションですが、不動産会社に実際にマンションや一戸建てを見てもらう事でズレは小さくなります。

このサイトで紹介している不動産一括査定サイトは「訪問査定」で見積もりをお願いする事が出来るので、無料でマンションや一戸建てを見積もってもらう事が可能となります。

後は、不動産屋さんと、売り主さんとで合意した売り出し価格で売りに出すわけです。

しかし、相場は相場が決めるという言葉あるのように、実際の売却価格と言うのは、売りに出して見ない事にはわかりません。

売り出し価格が高すぎたりすると、全く売れない事もあるので、相場状況は不動産会社の担当に良く連絡して質問するなど売買状況の把握は必ずするようにしましょう。

マンションを高く売る為に、相場情報の把握には、最大の努力をする事をおすすめします。

どの簡易シミュレーションサイトを利用すれば良いのか?

不動産売却シュミレーターは私が知っているだけでも6つ程度あります。

大京穴吹不動産さんのQUICK(クイック)

SUUMOさんのマンション売却シュミレーター

e物件情報さんのマンション簡易査定

住まいの調査団・応援団産のマンション(居住用)簡易査定評価

Century21さんのマンション自動査定

evestさんの売りたいシミュレーション

などなど、シミュレーションが出来る提携各社は調べればもっとたくさんあります。

ですが、私としては、マンション査定のシミュレーターを利用するよりは不動産一括査定サイトのような不動産エージェンサービスの利用をオススメしています。

これは、先ほども書きましたが不動産一括査定サイトを利用すると「机上査定」と「訪問査定」が選べます。

机上査定は文字通り、見積もりを簡単に回答してくれ、私の経験上電話がかかってきたりする事はありませんでした。

訪問査定は、簡単な見積もりを出してもらった後に、不動産屋さんに実際に住宅を見て貰って見積もりを出してもらいます。

マンションを売りたい人は

「少しでも高く買い取って貰いたい!」

と考えていると思います。

私が、友人、知人におすすめしている方法は、「マンションを高く売るポイント」こちらのページで紹介している、評判の良い一括査定サイト3社だけを利用します。「HOme 4U」「ソニー不動産」「マンション.navi」の3社を厳選しました。

見積もりの数が多ければ多い方が良いのですが、あまりに多いと対応する手間がかかるので、私が紹介している3社で事は足りると思います。

これで相場は把握できるはずです。

今回は、マンション査定のシミュレーションと不動産一括査定サイトの違いなどを紹介させて貰いました。

それでは、あなたが良い不動産エージェントサービスに出会い、マンション、一戸建てが高く売れる事を祈っています。

それではまた。