不動産を売買する時に必要なもの「レインズ」

imgresマンションなどの不動産物件を売買するときに使われるのが、レインズの情報です。レインズとはコンピュータネットワークシステムのことで、公益財団法人である、不動産流通機構によって管理されています。
不動産流通機構は全国に4つ存在します。東日本に中部圏、近畿圏に西日本です。それぞれ管轄が決まっており、これらの不動産流通機構の情報を確認することで、該当地域の不動産平均取引価格がわかるようになっています。

物件が市場に公開する流れ

building_concrete_uchippanashiマンションなどの売却を望む際には、一般的に不動産会社に依頼します。不動産会社自身が買い取るケースがありますが、よく見られるのが依頼した不動産会社を仲介役にして、買い主を探すやり方です。売り主が不動産会社に依頼すると、他の不動産会社に売りたい不動産物件について、交渉してくれます。それと同時にレインズに売却する予定の不動産物件情報を登録します。情報を登録するのは、各地域に対応するレインズの会員になっている不動産会社です。提供された情報が蓄積されることで、価格が統計的にはじき出され、市場に公開される流れになっています。

不動産価格の決め方

thumbnail_urichi不動産会社は統計によって導き出された不動産価格を確認し、依頼を受けた不動産物件の価値を決定します。売却予定物件を不動産会社に査定依頼することができますが、この査定結果に密接に関わってくるのが、レインズから提供される情報となります。これはその他の会員登録している不動産会社にも共有される情報ですので、基本的にどこの不動産会社に査定依頼をしても、査定結果に差が見られないことが多くなっています。当然ながら、交渉先である不動産会社もこの情報を確認しています。市場価格を参考に、購入を希望する不動産物件の売却額が高めに推移しているか、格安であるかの判断が可能です。

レインズを使うメリット

情報を登録することによるメリットとしては、売却先が早く決まりやすいというのがあります。売りたいマンションなどの不動産情報が一気に全国の不動産会社に広まるため、購入希望者の目にとまりやすいからです。早く登録してもらうには、専属専任媒介契約や専任媒介契約を結ぶようにします。一般媒介では情報登録の義務がありません。国土交通大臣から指定を受けている公益法人の情報とあり、とても信頼できる情報であるのも魅力です。適正な市場価格を確認でき、売却時や購入時の目安として大いに活躍してくれます。情報はオンラインで確認できますので、不動産会社の業務の負担になりません。