不動産の売却を3か月前から準備する理由

building_kouji_betakiso
一般的に、不動産の売却では3か月前からの準備が必要とされています。3か月間に関しては根拠はありませんが、事前に準備期間を設けることで、売却に必要となる様々な手続きや下準備がしやすくなります。準備する理由としては、まず、売買契約書、登記済権利証、土地測量図、建築設計図などの、売却に必要となる書類を揃えることができます。次に、預金額やローン残高の確認や、売却可能となる相場を調べることができ、新居を探すにも余裕をもって対処をすることができます。また、仮住まいを探すにも時間を使うことができます。
不動産の売却においては、行うタイミングによっても異なってきます。例えば、売りが先の場合には売り急ぐ必要がないために慌てて準備をする必要はありませんが、新居の購入を決めている場合には、より余裕をもった準備期間を設けることが大切になります。

不動産の売却を3か月前から準備するメリット

denkyuu_on
不動産の売却は出来るだけ早めにすることが重要ですが、大体売却する3か月前には準備を始めた方が良いです。
その理由は色々ありますが、中でも売却までの期間が短ければ短いほど購入者から上手く値引き交渉をされてしまう可能性が高くなるのでそれを避けると言った狙いがあります。
そういったことを防ぐためにもできるだけ早く準備することが大切ですが、3か月前から準備するメリットはそれだけではなく仲介してくれる業者が本当に信頼できるかどうかを見極める上でも重要となります。
仲介業者を選んだ場合に専任媒介契約を結ぶと、その業者との仲が悪くなっても3か月間は解約できなくなってしまうのです。
そのようなこともあるので不動産の売却をする場合には、少なくても3か月前からその準備をするようにした方が良いです。
後で後悔しても始まらないので、不動産の売却をする時には3か月前から準備をはじめてしっかりと対策を立てるようにすることが大切です。

私が不動産の売却を3か月前から売却して成功した話

business_group_happy
仕事の都合でどうしても引っ越しが必要になった私は、引っ越しの3か月前に所有していたマンションの売却を行う事になりました。ですが私自身は、不動産の売却経験がないので、何から始めたら良いのかすら、分からない状況でした。しかも時間もなかったので、インターネットを使い、不動産の売却に成功した話を集めて、そこからコツを得ようと考えたのです。
そして成功した話を幾つかチェックしていると、短時間で不動産の売却を成功させるコツは、出来るだけ多くの不動産業者の査定結果を効率良く、集める事でした、そこで私は、ネット上にある一括査定のサービスを利用して、効率良く、複数の不動産業者の査定結果を集める事にしたのです。実際、出される査定額には大きな開きというのが見られました。
なので査定額を比較し、出来るだけ高い査定を出した不動産業者を何社かピックアップしたのです。後はネットの口コミサイト等をチェックし、実際に不動産の売却を行った人からの評判が良い1社を選び出し、売却を依頼しました。その結果、見事に短期間でしかも高値でマンションの売却に成功したのです。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。