手元に用意するもの

白い書類と茶封筒
・購入した時の図面・パンフ等
・契約書・重要事項説明の資料
・固定資産税納付書

こういった類の資料がお手元になくてもネット経由でマンションの簡略査定(机上査定)は可能だと言えますが、最悪でも次の情報が分かってることが不可欠です。

必要な情報

コンクリート製の3階建ての建物
・建物面積(専有部分)
・間取り
・築年数

マンションを査定して本当の査定額を算出するには、訪問による今の状態の確認が必要ですが

アバウトな金額でよければ、インターネットを介しての簡略査定(机上査定)も可能となります。

だたし覚えておきたい点が有ります!

そこの点は、不動産業者が弾き出したマンション査定額は飽くまでも市場価格でありまして

確実にその額面で売れるとは限らない

ということなのです。

不動産業者ブローカーという位置付けでしかないので、購入者ではありません。

実際の購入者との値段交渉次第で、売買額は差が出てくるものです。

まれに分譲マンションを自社で買取りするといった

サービスをされている事業者もある事はありますが

その際の買い取り金額は市場価格よりも安くなる事を

覚えておいた方が良いでしょう。

マンション査定は最盛期に!

マンションには売り時があるの表示
動産売却には、繁忙期閑散期があります。

賃貸程の上げ下げはないのですが、マンションを買い取ってもらう際の相場にももちろん影響があります。

売買には繋がりを持たないという業者さんもいらっしゃるようですが、最盛期に関係なく集客するための

営業トークの可能性が大きい

のではないかと考えます。

最盛期

ピンクの春の文字

春の初めの1月~3月

第二最盛期

モミジ模様の秋の文字

秋のシーズンの9月~11月

と断言できます。

一番多いのは、春の初めですね。