この記事は: 16分で読めます

実際に現地を見てもらう「訪問査定」

mannsyonn_satei_04
上査定
で気になる価格を叩き出してくれた業者がいくつかあるはず。そこで、いくつかの不動産業者に訪問査定をしてもらいましょう。

机上査定では、不動産のエリア、築年数、間取りなど「情報」だけでの概算査定です。

しかし、実際は住宅の内部の状態によっては価格が異なってきます。

たとえ築年数が経っている物件でも、リフォーム済であったりすると状態は良く査定額も良くなったりします。

逆に、築年数が新しいのに住宅の手入れが悪く、傷んだ箇所が多く見られると査定額はグッと下がってしまうこともあるのです。

また、周辺の環境も査定額を決めるものとなり、担当者が住宅の内部や周辺を目で見て確認してから査定額を出してくれる「訪問査定」はより現実的な金額となります。

机上査定で出してもらった査定額はあくまでも参考ですが、知っておくことで訪問査定に来てもらう業者を絞れますので「損」をしないためにはおススメです。

いくつもの見積を集めるのがキーポイント!

キーポイントの表示

見積もりを多く取る理由

文字の記載された白い書類
場価格より高く売ることを望むなら、マンションを売却する意思を固めたら、とりあえずは可能な限り多くの不動産業者で査定見積もりをしてもらうことが重要です。

最終的な購入金額は購入者との交渉で決定致しますが、いくつかの不動産業者に見積もりを取ると、それぞれの不動産業者が幾らで売れると考えているか、把握できるので非常に重要です。

これが相場を知ることになります。

お客様からのバックオーダー申し込みを受けている不動産業者がいれば、センセーショナルな高額で売れる事もあるのです。

査定や契約交渉を通してを通じて、不動産業者の担当者が信頼が出来るかどうかも大体判断できます。

いくら見積もり額が高額でも、ダメ営業マンに、貴重なマンションの売却を依頼することは出来ないのではないでしょうか。

当HPでは、無料で利用できるマンションの一括査定サイトの活用を強くオススメしております。

たった一度の入力で複数の不動産業者に査定を任せられますし、簡易査定(机上査定)の機能を使えば概算金額がすぐに分かります。

それぞれに参加している不動産業者が違うものですので、可能な限り多くのサイトを利用してお見積りを集めるべきです。

マンションを査定して貰う前に準備をしていくべき!

この3つだけは用意しようの表示

着のあるご自身の中古マンションを売ることを意思を固めた際に、一番に気になるのは

「自分のマンションはどれくらいで売れるのだろうか?」

この事に尽きるのではないでしょうか?

マンションには相場というものがあるのです。

じゃあ早速近所の不動産屋にでも聞いてみるかと思っているあなた。

ちょっと待ってください。

いきなり近くの不動産業者に問い合わせをするという事は、利口ではありません。

何の知識もなく、不動産業者にいきなりコンタクトを取るのはやめましょう。

悪く言えばカモにされる可能性があります。

マンションの査定で損をしたくないですよね?

マンションの査定にはちょっとしたコツがありますので、順を追って説明していきます。

まず最初に査定行なう為に必要になってくる以下の資料が手元にあるかどうか確認しましょう。

手元に用意するもの

白い書類と茶封筒

・購入した時の図面・パンフ等
・契約書・重要事項説明の資料
・固定資産税納付書

こういった類の資料がお手元になくてもネット経由でマンションの簡略査定(机上査定)は可能だと言えますが、最悪でも次の情報が分かってることが不可欠です。

必要な情報

コンクリート製の3階建ての建物

・建物面積(専有部分)
・間取り
・築年数

マンションを査定して本当の査定額を算出するには、訪問による今の状態の確認が必要ですが

アバウトな金額でよければ、インターネットを介しての簡略査定(机上査定)も可能となります。

だたし覚えておきたい点が有ります!

そこの点は、不動産業者が弾き出したマンション査定額は飽くまでも市場価格でありまして

確実にその額面で売れるとは限らない

ということなのです。

不動産業者ブローカーという位置付けでしかないので、購入者ではありません。

※詳しいことはこちらの記事を参考に

実際の購入者との値段交渉次第で、売買額は差が出てくるものです。

まれに分譲マンションを自社で買取りするといった

サービスをされている事業者もある事はありますが

その際の買い取り金額は市場価格よりも安くなる事を

覚えておいた方が良いでしょう。

マンション査定は最盛期に!

マンションには売り時があるの表示
動産売却には、繁忙期閑散期があります。

賃貸程の上げ下げはないのですが、マンションを買い取ってもらう際の相場にももちろん影響があります。

売買には繋がりを持たないという業者さんもいらっしゃるようですが、最盛期に関係なく集客するための

営業トークの可能性が大きい

のではないかと考えます。

最盛期

ピンクの春の文字

春の初めの1月~3月

第二最盛期

モミジ模様の秋の文字

秋のシーズンの9月~11月

と断言できます。

一番多いのは、春の初めですね。

不動産の最盛期は集中する

桜舞う春の入学式

お子さんの成長に合わせたマンションの住み替えは、ほとんどのケースで新学年の期間に集中します。

この時期は人の引越が多い時期なので、それに合わせるように物件の動きも活発になるのです。

需要が高くなれば、その分だけ相場より高額でマンションを査定してもらえる可能性が高くなるはずですから、今すぐお金が必要な事情をしない限り、ピーク時期に合わせて

半年くらい前から用意を始めた方が良いでしょう。

※2016年のマンション事情はこちらの記事を参考に