こんにちは、宅建士のももんがです。

今回は、私がマンションの永遠の問題とも言える「マンションを売却するのと家賃収入(賃貸経営)のどちらが良いのか?」という問いに答えていきます。

この問題は人によってお得になる答えが違うので、「全ての人に対して、これが間違いない答えだ!」と断言できる回答はありません。

逆にそう言ってきた方は信用しない方が良いでしょう。

ここでは
売却した方がお得な場合と家賃収入の方がお得な場合を、具体的な例を挙げて説明していきます。

自分のケースに合わせて参考にして、自分が1番お得になる答えを見つけ出して下さい。

マンションを売却した方がお得な場合

想定よりも高く売却できる場合

相場の価格や自分の想定よりも高くマンションを購入してくれる買い手が見つかった場合は売却した方がお得でしょう。

勿論、ローン残債や手数料などを加味して決断する必要はあります。

人口が減少傾向にある地域にマンションがある場合

人口が減少傾向にある地域は賃貸需要が徐々に弱まっていくと言えます。そして、賃貸需要が弱まれば家賃を下げざるおえず家賃収入も減少していきます。

そのため、将来的に人口が減少傾向にある地域にマンションを保有しているのなら、ある程度の金額で売却できるチャンスがあるのなら売却した方がお得でしょう。

心理的負担が大きい場合

マンション経営を続けていけば、賃貸人の問題や急な設備費やリフォーム費用の発生など、予期せぬタイミングで突然問題が起こる可能性があります。

そのため、人によってはマンション経営が心理的負担となり、心が疲れてしまうことも起こり得ます。

もし、マンション経営が心理的負担となっているのなら、良い値段で売却できる機会があれば、思い切ってマンションを売却するのも良いでしょう。

仮にマンションを売却することで多少損をしても、心の平和が得られるのなら、それは本人にとってお得な選択だったと言えると思います。

マンションの耐久年数に近付いてきて買い換えを検討している場合

マンションは構造体によって耐久年数が定められています。そして、耐久年数に近付けば建て替えやリフォームなどの問題が起こります。

勿論、建て替えやリフォームをするなら費用や業者選定の手間が必要になり、正直とっても大変です。

そのため、耐久年数に近付いてきたマンションを、上手く売却できる機会があるのなら売却してしまった方が、費用も面倒な手間も負担する必要が無くなるのでお得だと思います。

大きな収入があり、マンションの売却赤字で税金を圧縮する場合

株や商売などで大きな利益を上げた際には、その利益分だけ税金を支払う必要が発生します。

そんな時に、マンションを赤字で売却すれば、支払う税金を赤字分だけ減らすことができます。

「何かのタイミングに赤字でも良いから、とにかくマンションを処分したい!」

と考えている方は、大きな利益を上げた時に赤字でマンションを売却した方が、税金を減らすことができるのでお得になるでしょう。

※注意
この方法は、マンションを売却すると赤字になる場合のみお得になる方法です。マンションを売却して黒字になる際に、この方法を行うと支払う税金が多くなるのでお得ではなくなります。

マンションを保有して家賃収入の方がお得な場合

想定よりも安くしか売却できない場合

相場の価格や自分の想定よりも安くしか売却できない場合には、マンション経営を続けて家賃収入を得た方がお得でしょう。

但し、入居者が何ヶ月も入らずマンション経営で赤字が積み重なっていき心理的に負担になっているのなら、多少安くてもマンションを売却した方が良いでしょう。

人口が増加している地域にマンションがある場合

東京など人口が増加している地域は、賃貸需要が高いので、マンションの築年数が経過しても家賃を高く設定できます。

そして、長期間家賃を高く設定できれば、その分多くの家賃収入を得ることができます。

そうなれば、マンションを売却するよりも、長期間家賃収入を得た方がお得になるでしょう。

また、このような良い地域にマンションを保有しているのなら、マンションの建て替えの時期が迫ってきても、マンションを売却するよりも、思い切ってマンションを建て替えて新築にして、再度賃貸収入を得た方がお得になるでしょう。

新築で間もない場合(今後長期間収入が見込める)

新築したてのマンションは、その後長期間賃貸収入を得ることができるので、余程の高値で売却できる場合を除いて売却せずに長期間賃貸収入を得た方がお得でしょう。

どちらにしても覚えていて欲しい事

宅建士の私が言うのもなんですが、マンションを売却するにしても、家賃収入を得るにしても、不動産業者を完全に信用してはいけません。

不動産業者は自分や自社の利益の為に行動して話をするので、よく考えずに、とりあえず不動産業者に相談すれば、不動産業者の都合の良い方向に結論を誘導される場合があります。

特にこちらの利益と不動産業者の利益が相反する事は、不動産業者に相談をする前に結論や方向性を自分で考えて決めておいた方が良いでしょう。

また、どうしても自分で結論や方向性が定まらないのなら、自分と利害関係のない不動産業者や専門家に相談してみるのが良いと思います。

まとめ

この「マンションを売却するのと家賃収入(賃貸経営)はどっちがお得?」という問題は、その人の置かれている状況によって最適な答えが異なる問題ですので、この選択を迫られた際は非常に悩むでしょう。

私が思うに、この問題はどちらを選んでも、本当に正解だったかどうかは選んでから数年経たないと分からないです。

そのため、その時点では答えが完全には出ない問題なのだと頭の隅に置いて考えることで、自分の中で考えを割り切ることができるので、思い悩み過ぎることを防ぐことができます。

ここで紹介したケースを参考に、答えが出ない問題なのだと割り切って、貴方の納得できる答えを見つけ出して下さい。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。