この記事は: 3分で読めます

2016年の中古マンション市場は高い?安い?

さて、表題の2016年の中古マンションの市場はどうなのかが気になりますよね?

「私の大事な資産であるマンションは今売って損しないだろうか?」

出来ることならば、マンション相場が高い時に売りたい!と思うでしょう。

2016年の中古マンション市場は

全体的に見ると中古マンションは売れない時代に入っていると言えます。

中古マンション価格のピーク

一般的に言われているのが、不動産と株式価格は

2020年の東京オリンピックをピークとするのではないかと言われています。

ですから2020年にご自身のマンションが売れれば一番良いのですが、売りたいときにパッと売れないのが中古マンション市場ですね。

まぁ相場より大きく安値で販売すれば売れるのかも知れませんが、そんな事したくありませんよね?

じゃあいつ売るのがいいのか?

kangaeruhito

アベノミクスの第一段が終了し、これから第二段が始まり、日本の経済は更に良くなるといいます。

日本全体の景気が良くなれば、マンションを買う人は増えます。

不動産価格も上がるでしょう。

景気が良くなり銀行のローンも通りやすくなるでしょう。

しかし、景気が良いとなった時に売れるのは新築マンションなんですよね。

中古マンションではないのです。

そうなると、売れない中古マンションの価格は更に暴落する可能性があるんですね。

そうならない為にも、アベノミクスが落ち着いている現在

「新築マンションはちょっと手が出ないから中古マンション買おうか~」

って人を2020年までに見つけるのが良いですね。

2017年から、アベノミクスが本格的に始まると状況は大きく変わりますね。

人口の減少と世帯の減少

jinkou_nihon
それは2004年をピークに我国では人口減少が始まりました。

このままで行くと2060年には人口は1億人を割って約8700万人になるという政府の報告もあります。

2015年には単身者世帯が増えたこともあって5100万世帯を記録していましたが、今後はこの世帯数も減少し始め2035年には4900万世帯まで減少するという見方があります。

効果のないアベノミクスでも中古マンション価格は上昇

bg_hospital
政府の経済方針もその効果が中々現れず、概して大企業と中小企業の格差や正規雇用と非正規雇用との間でむしろ格差が生じて来ており経済の悪化も懸念されています。
このような時代にはマンションの需要も伸びる可能性は低いものです。あるハウスメーカーの調査によると持ち家を所望する人の割合は約17%であるのに対して賃貸で良しとする人の割合はそれよりも多い約29%となっています。若者に自家用車を持ちたいと考える人々が少ないのも納得が行くというものです。
都市においても人口の増加傾向を見せるところと減少傾向が続くところがあり、一概に住宅関係の需要が減っているとも言えませんが、限られたエリアのようです。
住戸の余剰数は820万戸あると言われ、当初は駅からも近くて利便施設にも恵まれたものが高くて買えない時代もありましたが、中古マンションとなってから価格も下がり購入できるようになると、可能な層はこれをリフォームしたりして取得することがトレンドになったりしていました。
そういう時期を経て市場の動きも落ち着いて来た感もありそれに従って中古マンションの価格も僅かながら表面上は上昇傾向も見られます。

IT長者は高層マンションを買う

高層マンションは耐震性能にも優れ、高級な設備機器や内装、防犯設備、あるいは優れた共用部分も備え資産価値は下がらないとされていたものですが、最近は値上がり率も高くなくて買い頃とされるところも出て来ています。
これらはIT関連の特殊な分野の人々のみが購入するものと思われていましたが、最近はお買い得の物件も見つかる可能性があると言われています。
住む人のエリアに対する考え方や感じ方、周辺地域の環境変化、立地条件などから資産価値も変わって来ることも考えられます。
現在は新築物件の売り出し戸数よりも中古物件のそれが上回っているようです。
もし中古マンションを売りに出す場合には市場動向も掴み、価格査定を受けた上で判断するのが良いと思われます。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。