この記事は: 2分で読めます

マンション買い替え

実はマンション査定されるケースでは、大勢の方がマンション買い替えをされることになります。

そのような時とても気にかかるのが

「最初に新しいマンションを購入しようか。。。」

「最初にマンションの査定して売却をしようか。。。」

ということだと思われます。

さてさて果たして一番よい方法とはどんな風な方法となるのでしょうか。

(1)危険性を取り除きたいのであれば最初にマンションの査定をした方がよい

kominka_hiraya「マンションが売れないかも知れない」という危険性を解決するためには、最初にマンションの査定を行った方が良いですね

売買が長引いてしまう可能性のあるマンションの場合このやり方をオススメいたします。

仮にマンションが1階に部屋があったり、日当り条件や駅までの距離などで何かしらのデメリットがある場合は最初に売却をすませておいた方が手堅いです。

(2)マンションに住宅ローンが残ってないなら、最初に購入をした方がよい

house_omoi_loanもしもあなたが保有しているマンションに住宅ローンが残ってないなら、最初に新しい住宅を準備して問題ありません。

最初にマンション査定して売却したパターンだと、新しい住宅を探すことのできる期間は限りあるものです。

買い取って貰ったマンションを出て行くまでの期日が3ヶ月程度に定められているからなんです。

こうなってしまうとまだ出来上がっていない新築物件を購入したり、現在は売り主様が生活していて住むことが可能になるまで時間がかかるような家を手にする事が認められていません。

(3)理想像は賃貸住宅に入る事

job_fudousan_kanteishi私が一番オススメしているやり方は一度今暮らしているマンションを出てしまいまして、賃貸住宅に入る事です。

よく言う「仮住まい」というものになります。

マンションを売却する際「次に生活する場所が決まるまで待ってください」という条件はかなり嫌がられるのです。

これから中古マンションを購入する人は

・即座に住み始めたいと考えている人

 ・即座にリフォームを始めたいと考えている人

といった場合が多いので、入居するまでに時間が掛かってしまうようでは面倒なのです。

そういった事であれば、どうせなら一度賃貸住宅で生活して、落ち着いてから理想の住宅を探すというのがおススメです。

当たり前ですが、若干のコストはプラスされてしまいますが、今日この頃は敷金・礼金0のアパートも多いのもあり、仲介手数料無料の不動産業者で賃貸アパートを探せば費用を大きくに少なくすることが実現できます。

長期的に住み続けるということはありませんので、さほど条件にこだわりを持つ必要もなく、賃貸アパート探しに手間もかからないでしょう。

お得な不動産取引のコツ

「焦らない」事です。

これといって新しい住まいの購入は最初から10万~300万という金額が変わってしまいますから、まずは賃貸住宅に住んで見てから自分でも納得の出来る物件を探すがオススメということなんです。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。