この記事は: 2分で読めます

65才以上が多い不動産業界

hari_barcodeわが国では老人社会化のトレンドがなだれ込んでいるのですが、知らないかも知れませんが不動産業界は高齢者が他の業種に比べて多いと実感しますね。「平成25年度 宅建業者と取引主任者の統計について」
の調査報告を見て見ると、不動産業界の大部分を占める「個人事業主」の平均的な年齢は64.2歳といったものになっています。驚く事に60歳以上がトータルの71.5%を占有しているのです。
駅の目の前にあるような不動産業者は日本全国見ると約30万社以上あるのです。日本全国見のコンビニの店舗数がだいたい50.000店舗ですので、この点から見てもやはり多いのです。加えてそのほとんどが65歳以上の「高齢者」がやっている業界なのです。

人件費や通信費用が余計にかかる

meter_denki世間では会社を引退して、余生を暮らしている人もいるでしょう。近頃ではスマホが広まり、LINEやツイッターといった新時代のSNSが出てきています。紙媒体の情報誌を読む機会は減り、誰でもスマホで情報を集める時代になりました。
現在の不動産業者の連絡手段は今もファックスで書類を交わしています。これでは、この情報化社会では戦っていけません。新着マンションなどの物件情報があると、仲間の不動産業者同士で情報交換をするのですが、高齢の方はFAXで情報交換をします。
「新着マンションの図面を取りに来て」「マンション査定の依頼があるので、図面をFAXします」
こういった事は、不動産業者で頻繁に行われるやり取りなんです。この状態ではほんとに非効率ですし、人件費や通信費用といったものも無駄にかかってしまいます。
「どうして、もっと効率的な手法を考えないのか?」と不思議に映るかもしれませんけど、バックグランドにあるのは「高齢化」があるだろうと考えます。
人間は年を重ねると新しい手法に違和感を感じますし、知らない新しい情報への興味がなくなっていくのです。
新しい手法を取り入れ、情報を多く取り入れ、効率化を図って行く事で、お客さんにより良い情報が提供できるというものです。

マンションを高額で査定するチャンスを逃す

haguki_shisyuubyou_manWEBでの集客方法では、ABテストを繰り返します。
まずWEBページを「Aページ」「Bページ」と似た訴求のページを作成するのです。この2種類のページでは、一部分だけの表現を変えて制作します。
一等最初に見せる写真をリビングの写真を見せるか、ベッドルームの写真を見せるか、といったような違いを作ります。そうして両方のページでどちらのページの方が、お客さんからの評判が良かったのかを調べるのです。
そうして細かいデータをチェックして成約率やなどを調べ、「こっちのページの方が良い」となるのです。あなたが売ろうとしているマンションも反応率が高ければ高額で査定出来るチャンスはどんどん高くなるのです。
しかし、残念ながら、このようなABテストのような事が出来る不動産業者は皆無です。マンションを高額査定するチャンスを逃してしまっていると言っても良いでしょうね。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。