相場を意識した価格設定を

jinkou_nihon自宅マンションを個人売買で売る場合には、相場を意識した価格設定が損をしないためには重要です。業者に買い取ってもらう場合には、価格は業者側が設定するので、自分の方が決定することはできません。したがって、応じるか応じないかを決めるだけになります。その点、個人売買の場合は自分で設定した価格に対して興味を持った人が買い手に回ります。価格の決定権は自分にありますので、自由に設定できるのです。そのため、相場よりも高く設定してしまえば中々相手が現れないという事態になります。逆に低く設定してしまえば、自分が損をしてしまいます。この不利益を避けるためには相場を知る必要がありますが、その際に有用なのが、仲介業者に査定をしてもらうという方法です。それも、一つではなく、複数の業者に査定をしてもらうのが確実です。相場と言っても、物件自体は一つしかなく、個別の事情に左右されます。また、どの要素をどの程度重く見るかなどによっても差は生じます。結果、正確な査定というのは難しいです。そこで、複数の業者に査定をしてもらい、その平均値を相場としてみた方が、目安としては役に立ちます。

契約書の書き方を注意

hoikujo_ninkaその他の注意点としては、業者が間に入らないため、トラブルになりやすいので、それを回避する必要があるということです。例えば、マンションの状態が想定と違っていたということでもめ事が生じる可能性があります。業者ならばそのようなトラブルが生じないように事前に説明をするなどしますが、個人売買の場合は売主が素人であるため、隅々まで配慮するのが難しくなります。そのため、トラブルになりやすいです。もちろん、売主がすべての責任を負う必要はないのですが、トラブルに巻き込まれてしまうと弁護士を雇う必要が生じたりと、面倒なことになります。したがってそれを避けるためには、事前にどのような状態なのかについて詳細な説明ができるようにしておくべきでしょう。ただ、親せきや知人間での取引をするというのであれば、そこまでする必要はないでしょう。ケースバイケースでこの点は考えるべきです。また、契約書の記載についても注意を要します。仲介ならば業者がきちんと両者の権利関係が明確になるような物を用意してくれますが、個人売買では自分で用意しなくてはなりません。そこで法律に疎いと、思わぬ失敗をしてしまう可能性があります。この点は、市販されている契約書の書き方の書籍等を参考に、トラブルにならないようにする必要があります。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。