10%下げる

maff

売主さんの中には1000万円以上の価格がついている場合、値下げを行なうときに数十万円の値下げを希望する方がいます。

ハッキリといって、これに関しては意味のない値下げになります。

買主の立場になったら理解できるのですが、数十万円の差で買うか買わないかと迷うことはまずないといえるでしょう。

何と言っても買主は住宅ローンを選ぶことが要因です。

変動金利2・875%で35年ローンを組んだケースだと、マンションの価格が50万円高くても毎月の支払額は1889円増えるだけ。

こうなったら誤差の範囲内です。

また、物件の情報や資料を手に取ったときに「あと10万円安ければ手に入れるのに」とも考えません。

本当に手の届く範囲でゲットしたいと思えば、値段交渉をしてくるのです。まず、買主が気に入るといったことが大切だと考えられます。

価格を下げるということは、新しい買主の層にあなたのマンションを発見してもらうためです。

また買主の立場においては、ご自身の買える予算の10%前後の物件を見つけます。

ですから価格を下げる場合は10%を目安に値段を下げなければ、新しい買主の層に拡がりません。

価格を下げるポイントとなるところとしては、最低10%を考えたいものです。

端数を考える

10%下げたら、その次は10万円の単位を調整しましょう。

こちらの10万円の単位を8または9にしてほしいということなのです。

この理由は安く感じるためなのです。

コンビニや電気店の広告でも、980円とか2万9800円と、0前が8もしくは9で終わる価格をつけているものをよく見ると言えるのではないでしょうか。

この点は人間の心理として、最後に8または9になると安く感じているのです。

そのため、なにより10%下げた後、10万円の単位を整えます。

こんな加減です

例②のように値段が下がった雰囲気がしない気持ちがあるなら、納得のいくまで100万円の単位を下げたいものです。

価格帯の変化時に注意する

2010万円と1990万円では、20万円しか価格差がありません。

だけど、この価格の頭の数字が変わることは非常に重要です。どうしてかと言えば買主がマンションを探すときは、

「1000万円台」という探し方をするからです。

1000万円台が予算上限と考えている買主は、2000万円台というだけで門前払いにします。

それに加えて、500万円単位の価格帯が変わるときも注意したほうがいいですね。

買主さんは「1000万円台」というのと同様「1500万円以下」と500万円の単位で物件を探すことが多いということなのです。

インターネットの物件情報サイトにおきましても、検索条件を見れば500万円単位となっているのです。

1000万円であれば980万円、1580万円なら1480万円と、500万円の倍数で値段を下げるときには10%に固執することなくに価格をコントロールしましょう。

これが、マンション 査定の高くするコツになります。