この記事は: 2分で読めます

不動産業者は安い買い付けがしたい

building_fudousanマンション査定の依頼を不動産業者に訪問すると、「万が一マンションが売れなかった時は弊社で購入しますので安心してください」

と言われる事があるのです。有名な不動産業者でも同様ですし、中小の不動産業者でも同じ事を言われる場合は非常に多くあるのです。

「売れなかった場合に買い取ってくれるなんてなんて親切な業者なんだ」と思われるかも知れませんが、だいたいの場合には裏があります。

いかんせん「査定金額」が市場価格よりも3割以上安い可能性が大きいです。不動産業者がマンションを購入すれば、購入したマンションはそのままその不動産業者が自分のものにするわけではなく、横流しすることになるわけです。

横流しするからには、その不動産業者は「儲け」を取ろうとしているのです。この「儲け」が市場価格よりも3割以上の安値で、皆さんのマンションが市場に出てしまう原因になると断言します。

「不動産を買わせていただきます」という業者は、マンションの売り主様の信頼できるパートナーなっているふうに感じられますが、何はともあれ不動産業者は従来より買い付けがしたいのです。

何を隠そう、不動産の買い取りはとても旨みがあるからです。

 

 

 

不動産業者の買い取り例

house_danmen_3kai例えばあなたのマンションが3000万で売ってほしいとします。

「3000万円で売れたら嬉しいなぁ」

と不動産業者に説明します。

しかし不動産業者は

「こいつは4000万円で売れる」

と判断します。

こういった場合は不動産業者はどうしても「買い付け」をしたいと思うのです。

もし仮に、不動産業者が普通に仲介を行うとその利益は

■マンションの売主 手数料 3000万円×3%+6万円=96万円

■マンションの買主 手数料 3000万円×3%+6万円=96万円

■合計 92万円+96万円=192万円

といった計算になるのです。

しかし、あなたのマンションを3000万円で買取、そのマンションを4000万円で他の人に横流しします。この横流しで利益を1000万円獲得することが出来きるのです。

普通に仲介をするのに比べて808万円も多く儲ける事が出来ます。不動産業者のマンション買取は、親切心なんかではなく、不動産業者が儲ける為のものと考えておきましょう。

万が一マンションが売れなかったら不動産業者が買い取りしてくれるから安心だとは思わないようにしましょう。マンションの査定は知識を付けて上手にしましょうね。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。