この記事は: 1分で読めます

僕が自宅マンションを売って、一番嫌だったのが

「自分が生活していた空間に他人が住んでいる」

という事でした。

勿論小さな頃から、両親との思い出、友達との思い出などがあります。

壁に刻まれた傷は、昔兄弟で喧嘩した時についたものだ、とか

小さい頃にこの非常階段で鬼ごっこしたよな、とか

思い出す訳ですよ。

何だか、その思い出を他人に奪われてしまうような気持になる訳です。

たぶん、こう思ってマンションを査定に出せない人って絶対に多いと思うんですよね。

査定価格が安い、高いの問題ではない。

で、ボクの経験談から言ってしまうと、

「やっぱり寂しい」

ってのが本音です。

ただ、後に住んでくれる家族が楽しそうにしている事を考えると

「まぁいいか」

という気持ちになるのもあります。

そこで、何か事件とか起こると嫌ですよね。

とてつもなく嫌です。

これだけは勘弁して欲しいですね。

でも、家族の形って時間が経つと変わっていくんですよね。

4LDKで独りで生活するのは寂しいもんです。

まぁまとめますと、自宅のマンションを手放す時はやっぱり寂しい気持ちになりますよって事ですね。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。