この記事は: 4分で読めます

親が亡くなる・・・ということは考えたくありませんが現実的にはいつかは直面すること。でも、自分が若い時にはあまり考えなかったことですよね。それだけ、自分も老けた・・・ということなのかもしれませんね(笑)

こんにちは。親には内緒で遺産相続について猛勉強中の近藤です。預金や宝石などすぐにでも活用できるもの以外で、土地や家などの不動産を受け継いだ時にどうすればいいのか考えてみたいと思います。

遺産相続した不動産・・・売るべき?売らざるべき?

相続した不動産を「売った方がいいのか」と悩んでしまうケースは多いようです。個人が置かれている状況によってもことなりますが、相続した不動産を売った方がいいケースについて考えてみます。

ケース1:「もう実家には住まない」という方

親と同居しているなら相続してもそのまま住み続けることができますよね。でも、親と離れて暮らしている場合、すでにマイホームを持っていることも多いでしょう。つまり、実家にはもう住まない・・・悩みどころです。

そこで「住まないなら売ってしまおう」という考えもよぎります。ただ、自分の実家が無くなるのはとても悲しいです。そこで、とりあえずは相続し、そのまま放置しておく・・・という方もいらっしゃいます。誰も住まないのに放置してしまう実家。実はそこにはさまざまな問題も隠れています。

まず考えられるのが「空き家問題」。実は、住宅というのは人が住んでいないと傷んでしまいます。窓を閉め切った家の中は湿気、カビ、ニオイが発生してしまいます。近くに住んでいるならば、時々換気に行くこともできますが、なかなか帰ることができないほど遠かったり忙しかったりすれば、相続しても空き家状態が続きます。人が住んでいるより傷みが早いのが空き家なのです。

次に「雑草問題」。雑草って、人の出入りがない場所には結構生い茂るものなんですよね。たまに帰ると、雑草がビックリするほど成長しているのを見つけるかもしれません。雑草が生い茂っている場所は、一見して「空き家だ」と知られてしまって防犯上もよくない感じもしますよね。

それに、虫がたくさん発生してしまうので、ご近所迷惑にも・・・。定期的な雑草の管理と費用も必要になってきます。

実家に住む予定がない人は、売却する方向で考えた方がいいかもしれませんね。

ケース2:相続したものが不動産だけのケース

空き家にする、あるいは空き地にしておく・・・という形で、とりあえず相続することは「管理」という面でお金がかかってきます。さきほどお話した雑草の管理もそうですが、建物が古くなって傷んでくれば修繕費用も当然かかってしまいます。

それに、固定資産税は誰も住んでいなくても払わなくてはいけませんよね。不動産以外に親が預金を残してくれたケースでは、それを管理費用にあてることもできますが、「不動産だけしか相続していない」という場合には、管理費用はすべて自腹になります。

「誰も住まない家」にお金を投資するのも現実的にはとても大変な気がします。そんな方は、売却した方がいいのかもしれません。

ケース3:相続人が複数いる

例えば、兄弟何人かの共有名義で相続するケース。複数の法定相続人すべてがその不動産に対しての権利を持ちます。

「平等に分けることができるからいいのでは?」と思ってしまいそうですが、それはそれでトラブルのもとになることもあります。管理費用でも揉めそうですよね。

また、そのうち一人が「売りたい」と言った時に、他の人が「イヤだ」とすれば売ることができないのです・・・。共有者が3人いれば、3人全員が「売りたい」という意思が一致して初めて売ることができるのです。結構、ややこしい揉め事になるのがこのパターンです。

そのため、相続する段階で売って、そのお金を平等に分けることができれば、後からのややこしい問題を避けることができるのかもしれませんね。

売却する時に高く売るコツってある?

親から受けた大事な相続不動産の多くのケースが「実家」ではないでしょうか。懐かしい思い出のいっぱい詰まった不動産ですから、できるだけ高い金額で売りたいですし、親身になってくれる不動産業者にお願いしたいですよね。でも、不動産の売却は査定をお願いする不動産業者によって査定額が微妙に違ってしまうのです。

そのため、一社だけに査定をお願いしてそのまま売却依頼をするのは、実はあまり良くありません。査定は、できるだけ多くの不動産業者にお願いしましょう。ただ、何社もの不動産業者に査定をお願いするとなると面倒に感じてしまいますよね。

そこでおススメなのが「一括見積査定サイト」です。一括で複数の不動産業者からの査定の見積りを受けることができます。しかも、サイト経由ですから自宅のパソコン前で査定して欲しい不動産の情報を一回入力するだけでOKです。何社かの不動産業者から査定を受けることができます。

そうして査定額を知ることができたら、後はそれを比較しましょう。そして、自分が納得するような金額を出してくれた不動産業者に連絡を取って売却の依頼をするという流れがベストです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

親の不動産を相続する時には、売るべきかについて悩む方が多いです。自分の状況を考えながら「売却する」という結論に達した場合には、大事な親の不動産だからこそ一括見積査定サイトを通じて、信頼できる不動産業者に頼みたいものです。

このサイトでもマンションを査定する時のコツは紹介していますが、WEBサイト上では書けない事もあります。。「裏不動産査定のコツ」としてPDFに簡単にまとめましたので、もし良ければお使いください。

☆HOME 4U☆

Home4uバナー

星の数ほどある不動産の査定会社ですが、我々は査定会社選びで失敗する訳にはいきません。その中で2017現在、私がオススメしたいのは、HOME 4Uになります。

HOME 4Uは知らない名前かも知れませんが、運営している会社は、NTT系の(株)NTTデータ スマートソーシングです。HOME 4Uが他社とは一線を画する所は、HOME4Uは悪徳不動産業者500社を見積もりから排除しています。

マンションの高額売却を成功させるコツは、質の良い不動産会社から、とにかく多くの見積もりを集める事です。マンションを査定するなら、とりあえずHOME 4Uで見積もり依頼を出せば間違いはありません。

☆すまいValue☆

すまいValueさんの不動産一括査定サイトが、他と大きく違う点は、「大手不動産会社6社」が運営しているという事。

大手ならではのポイントとして、安心がある(安心安全に取引出来た割合96.7%)、相談できる(6社合計830店舗)、そして売却力がある(2015年実績 10万件)

不動産を始めて売る方や、不動産売却には何よりも安心感が大事という人にはオススメ出来ます。

訪問査定も机上査定も「無料」で出来ますのでご安心を。

☆ソニー不動産☆

ソニー不動産バナー

このHPを見ているあなたが首都圏のマンションを売りたい場合には、ソニー不動産も同時に利用する事をオススメします。なぜならばソニー不動産は、首都圏の不動産売却案件ならば非常に強みを持っているからです。その為、地方の物件の場合は利用してもあまり意味がありません。

☆マンション.navi☆

マンションナビバナー

マンションの査定をご希望でしたら、HOME4Uと同時にマンション.naviで見積もりを出すのも強くオススメします。なぜならば、ここはマンションの査定に特化している査定会社ですので、中古マンションを売るなら高く売れる可能性が非常に高いです。2011年創業の若い会社ですが、ここも自信を持ってオススメ出来ます。



マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。