仲介手数料

仲介手数料の上限金額

building_fudousanマンション査定して売却する時には必ず手数料といった費用がかかります。その中においても一番大きい費用は「仲介手数料」というものになります。こちらの仲介手数料は不動産を売買すると、どうがんばってもプラスされてしまいます。ザックリ言って不動産価格の3%+6万円の金額がかかるわけです。
仮に3000万円でマンションを売却した場合、約96万円仲介手数料がかかることになります。 新築マンションを購入したら表立っては仲介手数料が掛かりませんが、実際には物件価格のなかに織り込まれているというわけです。基本的にこの仲介手数料は、無条件に3%+6万円がかかるということを意味しているのではないのです。国の法律で規定されているのは不動産業者が購入者から受け取っていい仲介手数料の上限にしか過ぎないのです。そのようにこの上限の金額が3%+6万円という金額となっているのです。

 

仲介手数料は値下げしてもデメリットはない

pose_genki05_ojisan不動産業者のセールスマンは何食わぬ顔で3%+6万円といった仲介手数料を請求してくるわけですが、誰が何と言おうとこの仲介手数料は値下げをすることも実現できるのです。もしも仮にこの仲介手数料を半分にするというのが可能なら48万円の費用を削減することが実現可能です。こちらの費用を減らした分はそのまま売主様の収入になりますので、マンションを48万円も高く手放すことが出来たのと同様状況になると断言します。さる事ながら、この値下げ交渉は簡単では無いと思います。不動産業者のほうも「ウチは3%+6万円もらうのが普通です。もし批判があるようならライバル業者まで足を運んで下さい」という風に強気に出てくるケースもあります。売主様の方も「不動産業者を怒らせたら一所懸命売却に取り組みをしてくれないのじゃないか・・・」と心配になり、もうひとつ強くやりとりできないのが現状のだと聞いています。聞いてみるのはタダでお金もかかりません。ダメ元でも勇気をもって一度は不動産業者に聞いてみてくださいね。マンションの査定は上手にやりましょうね。