不動産業者の調査員は、俺のマンションのどのポイントを見て査定するんだ??

これって気になりませんか?

それなら、そのポイントを押さえて査定額を上げてやろうじゃないか!

と意気込んでいるかも知れません。

そんな鼻息が荒くなっているあなたに、私が特別に、プロが見るマンションの査定ポイントについて紹介致します。

プロが見るポイントは5つ

立地


不動産は、間違いなく「都会」「駅近」が一番売れます。

田舎と言うのは、どんなに素晴らしくてもなかなか売れません。

田舎にある3LDKよりも、都会の駅近の1Kの方が売れやすいです。

これは、不動産業界では常識です。

築年数


2017年現在、建築材料費が高騰していて新築マンションの価格が上がっています。

だから新築マンションが売れないという状況ですが、中古マンションは新しい方が売れます。

ただ築35年以上の物件は要注意です。なぜならば新耐震基準(昭和56年(1981年)6月1日誕生)に対応していない場合があるからです。

間取り

広い部屋の方が査定額が上がるのは言うまでもありません。

ただ部屋が広ければ、売れやすいという事はありません。

最近は、部屋の間仕切りを取って、広い部屋にするのが流行っているようですね。

日当たり


これは建物の向きや、周りの建物にも大きく影響されます。

日が当たらないと梅雨の時期はカビが生えたりと不都合な事が多いですね。

ちなみに、夜中に働く人は「日の当たらない部屋」を希望しますが、これは少数派ですね。

設備


部屋でどこが一番最初にガタが来るのか?

これは水回りですね。

水回りを取り換えるとなると大きな費用がかかるので、不動産業者も入念にチェックし査定額に反映させます。

提案・まとめ


プロが見るポイントは以上になります。

買主さんは、意外と共有部分も見てます。これは階段とか廊下とかバルコニーですね。

そこのあなた!バルコニーにゴミを置いて内覧して貰ったらダメですよ。

実はマンションの査定価格を上げるのに、売り主さんが出来る事って大してないんですよね。

ただ小技はあります。

小技は4つ。

これを最後にお伝えして締めたいと思います。

  • 部屋の荷物を少なくして、広い部屋だと錯覚させる。
  • 部屋をきれいに掃除して、「きれい好きが住んでいた」と錯覚させる。
  • 内覧希望者が来た時に「たくさんの人が買いたいと言っている」とハッタリで人気物件と錯覚させる。
  • 錯覚させているうちにさっさと売る
  • (マンションは売りに出す期間が長いと売れなくなる)

でしょうかね(笑)

このページでは

「プロが見るマンションの査定ポイント」

「マンションを売る小技」

を紹介させて貰いました。

あなたのマンションが少しでも高く売れる事を祈ってます。

それではまた。