この記事は: 5分で読めます


「ウチのマンションにふさわしい査定方法はどっちがいいの?」

「査定方法は何がどう違うの?」

と迷ってしまったアナタのために、机上査定と訪問査定のメリット・デメリットを紹介します。

算出方法についてもまとめましたので一緒にお読みください。

査定方法は、できれば順序良く進めるが良し

「机上査定(簡易査定)」では概算価格を知ることができる

<メリット>
・早ければ当日に概算の査定額がわかる
メールで完結できる
営業電話がこないので気がラク

<デメリット>
・現実的な価格がわからない
・業者によってはかなり金額の差がでる
・家の中、建物の高低差が考慮されない

「訪問査定」はより正確な査定額を知ることができる

<メリット>
・物件を隅々まで見て現実的な額で査定してくれる
・その場でアピールポイントを伝えることができるので高評価の可能性が上がる
・担当者と直に会うことで安心感につながる

<デメリット>
・「ウチで決めてください」な営業をかけられる
・しつこい電話営業がくる
・査定額定時に時間を要する

====================

一番いいのは、複数業者に査定依頼し、机上査定で「その価格なら売ろうかな」と業者を決めて、訪問査定に進むのがベストです。

不動産業者が訪問査定をしたがるワケ

実は、机上査定で申し込んでも業者によっては電話してくることもしばしば。

ハッキリ言います。

業者はできれば訪問査定に進めたいのです

・依頼者に直接会って営業をかけたい
・他の業者に取られたくない
・他の業者よりも早く媒介契約を結びたい

これらが理由ですので、理解した上で依頼しましょう。

3ヶ月で買い手がつかないと安くなってしまう?算出額は変動するから注意!

査定額は、査定した日から3ヶ月程度で買い手が付くと見込んでの価格なので

それ以上売れない時期が続けば、価格が下がることもあります。

これ、結構ありがちなパターンなので注意してくださいね。

「査定額=売却価格」とは限らない

査定価格を提示してもらっても安心するのはまだ早いですよ。

なんせ、「査定価格=(イコール)売却価格」になると思ったら大間違い!

ここで理解してほしいのが、査定価格はあくまでも「売れる予想価格」だ、ということ。

ナゼかー。

売れる時期や買うお客さんの値段交渉によっては売れる価格がマチマチだからです。

同じマンション内で売り出しにかかっていたらマンション内での価格競争だってありえます。

査定額は比較する参考材料にする考えでいた方が気がラクです。

怪しいのは他の業者より高値を付けてくる業者

例えば、1500万円あたりを提示してくる業者がほとんどの中、2000万円超えで提示してくるパターン。

実際に売却の依頼をした後、あれこれ理由を付けて売値を下げてくる可能性があるのであまり信用できません

また、売却の営業を一切もせずに値下げ交渉してくる業者もいます。

真面目に売ってくれないなんて、ただただハラが立ちますよね。

このように危ない業者を選ばない対策としては、安心できる査定サービスを利用することです

おすすめは「HOME4U」という一括査定サービスです。

HOME4Uは、日本で初めて開始した一括査定サービスで、大手不動産会社も参入しております。

悪徳な業者を排除し、信用のおける業者だけを選定しているので安心して依頼できます。

算出方法は「取引事例比較法」だけ抑えておけば間違いナシ!

さて、査定方法を紹介しましたが、算出方法にも種類があります。

・取引事例比較法(中古マンション比較法)
・原価法
・収益還元法

ちなみに、不動産会社は「取引事例比較法」で不動産価格を算出しています。

取引事例比較法(中古マンション比較法)


もう一度言いますが、ほとんど場合、この方法で算出されると思って間違いないです。

価格を算出するのは業者ですので、取引事例比較法を覚えておく必要はないです。

が、強いていえば一点だけ。

取引事例比較法は、周辺マンションの取引事例を査定価格の参考にします。

なので、近隣マンションが売り出しにかかっているチラシなどを参考に、築年数・状況などを比較して交渉材料を揃えておくのも手です。

また、「中古マンション価格査定マニュアル」に沿って決められるものです。

以下で、「中古マンション価格査定マニュアル」について紹介します。

「中古マンション価格査定マニュアル」ってどんなもの?

「価格査定マニュアル」を利用した査定方法について
マニュアルの説明書です。査定概要と査定結果の見方など丁寧に紹介しています。

サンプル査定画面
査定時の入力画面です。
対象となる査定マンションと、事例マンションの情報を入力していきます。
住戸位置や専有部分など事細かに入力。

査定項目(中古マンション価格査定マニュアル)
web上での公開は一部だけしか見ることができませんが、だいたい査定する項目を知ることができます。

提案書
査定結果内容のサンプルですが、査定した項目を確認することができるのでかなり参考になります。

====================
実は、マンションを売りたいと考えるほとんどの方は、これらの情報をご存知ありません。貴重な情報です。

査定交渉を有利に進めるには、「提案書」をプリントアウトして項目を埋めておくのも手。

提案書の”セールスポイント”は査定担当者が自由に記入できる箇所です。査定項目にないアピールポイントにもなります。

査定額アップのためにも査定時に伝えれるよう情報をまとめておきましょう。

「原価法」と「収益還元法」

・原価法
新築マンションで使われる方法
・収益還元法
賃貸マンション向けの算出方法

これらの手法は、中古マンションの売却ではほぼ使われない手法なので、取引事例比較法と同様に、覚える必要はありません。

お前に一言申す!

机上査定で業者を絞ってから訪問査定に進む、これが一番の近道です!

そのためには、複数業者に査定を依頼するコトです。

でも、一件一件、電話やweb申し込みなんて時間がいくらあってもたりませんよね。

そこで今の時代、「一括査定サービス」というカンタンに一括で申し込みできるサービスがあります。

コチラですね。

当サイトでオススメの一括査定サービスを紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。