この記事は: 2分で読めます

不動産業者の選び方が重要

building_fudousan人生で何度も不動産を売るという機会はそうないと思います。こういったことは経験を積んで覚えていくものなので、はじめての不動産売却では、「もっとこうしておけばよかった」といった後悔をすることもよくあるようです。しかし、一般人には、何度も繰り返して経験を積むということはできませんので、人生で1回か2回しか経験しないかもしれない不動産売却を、最初から成功させる必要があります。マンションを売却するときには、不動産業者選びが重要です。

査定額が上がった例

pose_genki05_ojisan最初に1社に決めていて、査定額が気に入らなかったので、5社くらいに査定をしてもらうと、1200万円だった査定額が1600万円まで上がったというケースもあるほどです。もちろん、査定額が高いからといってただちにその値段で売れるというわけではないので、鵜呑みにしてしまうのは危険ですが、不動産会社にも得意・不得意があったり、宣伝の仕方が違ったりで、高く売る自信がある会社とそうでない会社が出てきます。依頼をするなら、高く売る自信のある会社にお願いしたいところでしょう。中には、契約をとりたいがために高めの査定額を出しているところもあるので注意が必要です。査定額が高すぎると感じたら、なぜそのような高い金額になるのかという理由の説明を求めておきましょう。そこでごまかしたり、あいまいな説明をされたら怪しいです。

仲介手数料が半額のワナ

sick_noukousoku不動産業者を選ぶときには、仲介手数料が無料もしくは半額というところを選びたいという人がいます。しかし、仲介手数料というのは不動産会社にとっては唯一の利益と呼べるものですので、この費用がカットされているところはあまりおすすめができません。仲介手数料は売主と買主の両方からもらうことができるので、売主からの仲介手数料が無料となっているところは、買主から上限の金額をもらっている可能性が高いです。

仲介手数料が安い場合のリスク

kangaeruhito仲介手数料が安くなっている場合、折り込み広告などの宣伝・広告費からカットされている可能性もあります。しっかりと宣伝をしてくれないために買い手がつかず、相場よりも安い値段でしか売れなかったら、結果的に損をすることになります。しかし、最近ではインターネットでの宣伝をメインとしていて、宣伝・広告費をカットできるという業者も登場していますので、安さに理由があることもあります。買い手が必ずインターネットで不動産を探すというわけでもないので、よく考えることが必要ですが、ネット型であるために手数料が安くなっている業者は悪くないかもしれません。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。