この記事は: 2分で読めます

マンションを貸すときのメリット・デメリット

kousou_buildingマンションを貸す時には、家賃収入という高額な収入が得られるというメリットがありますが反面、その分様々なデメリットが存在します。もし入居者が誰も来なかったら家賃収入はゼロです。物件を貸す側にもその物件を購入しているのですから住宅ローンというものが発生しています。これが完済している人で他に仕事があるという人であれば実生活に問題はないのかもしれませんが、そうではなく家賃収入だけでやっていこうと考えている人であればこの入居者ゼロの期間というのは収入なしの期間になると考えてもいいとなります。また部屋がたとえ空室であったとしても維持費や管理費などの費用は発生しています。

大家さんにも税金がかかる

sick_noukousokuそのほかにも多くの税金がかかっているので、人が長期で入らないと管理している人の負担がどんどん大きくなっていくということになります。そのほかにも建物や設備が劣化・故障したり、家賃の設定額が減少するといったリスクが伴ってくる。多くの住宅は耐久年数が数十年とされているがこの想定されている年数より早く故障したり劣化したりすることがあるのだ。そして年数がたって古くなってしまえば、建物自体の値段が下がってしまう。こうなると家賃を下げないと入居者が入ってくれないということもあって減額することになるのだ。またこういった物件の賃貸になると、どうしても入居者同士のトラブルは避けられない。これはどうしても同じ建物の中で暮らしている以上、騒音やゴミ出しなどでトラブルが起こってしまうのだ。近年では地域での災害についての意識向上が求められているが、それはマンションも例外ではない。

マンションを貸した時のリスク

snow_building地震や台風、水害などで建物に被害が及び、建物がダメージを受けるということも十分考えられる。こうならないためにも近年では、災害に強いマンションを貸し出そうとしているところも多くあるのだ。このことからマンションを貸す際には、収入が安定しなかったり税金が取られたり、修理などでさらにお金がかかったりすることがデメリットとして挙げられる。しかしこれはこういった物件を貸すと決断する前に自分がどう対策しておくかによって、その時の対応の仕方が異なってくる。上記のようなリスクやデメリットがあると把握したうえで、実際にあったときに慌てないためにもどう対応するか自分であらかじめ考えておくことが重要なのだろう。もし、マンションを貸してみた
いと考えている人がいたら、是非参考にしてみてください。


マンションの売却で失敗したくないなら
を見てみてください。