thumbnail_urichiマンション査定のケースでは高額な金額が動きます。

何と言っても、最も大きいのはマンションを査定して売却した時に受け取れる「売買代金」ですが、実はマンションの売り主であるあなたが負担しなければならない費用も何個かあるんです。

マンションの売り主であるあなたが提出することが求められる費用は大きく分けて4つあります。

  1. 譲渡取得税
  2. 仲介手数料
  3. 司法書士費用
  4. 印紙税

印紙税とは

building_fudousanマンション売買が成立した際に、契約書作成する時に国に納める税金のことです。

マンションを査定し売却する時には、必ず、契約書を作成します。

この契約書に「印紙」という、言うなれば、切手を貼るということなのです。

印紙で発生する費用は、マンションの売買金額がベースになって違ってきます。

1万円 = 1000万より高く、5000万円以下

3万円 = 5000万より高く、1億円以下

こちらの印紙は契約書1通につきまして1枚必要不可欠です。

契約書は一般的に2通作成し、売り主であるあなたとマンションの購入者でそれぞれ持つので、印紙は2枚求められます。

つまりは2枚分の印紙代を負担するという事です。

ほとんどのケースでは印紙は自分で購入することが必要なく、マンションの仲介を行った不動産業者が用意して頂けます。

売買契約をする当日に印紙代金分の現金を用意して、印紙と現金を交換するということなのです。

司法書士の先生とマンション売買

マンション査定のケースでは法律の専門家である司法書士の先生が深く関わりを持ってきます。

司法書士の先生とマンション査定において関係があるのは以下の2つでしょう。

抵当権抹消登記

抵当権抹消登記と言われるのは、マンションについて発生している抵当権(借金の担保の事)を取りはずす手続きということであります。

概ね1万円前後の料金が発生します。

売渡書類の作成

maruhi_gokuhibunsyo売渡書類とは、契約書とは別途作成します。

マンションの売買金の決済時に、全ての手続きが終了したという証明になります。

売り主であるあなたとマンションの購入者の方にサインをして、国の機関である「登記所」に提出します。

こちらも概ね1万円前後の料金が発生します。

司法書士の費用に関しましては、マンションの状態や、あなたがお住まいのエリアによって費用が大きく変わりますので、調べてから仕事を依頼しましょう。

成功するマンション査定が出来るといいですね。