マンション査定後、実際に売るところまできたアナタ。「できるだけ高く売りたい!」とお思いではないですか?

でも焦らずに。

売るにも「仲介」と「買取」の二つの方法があります。どっちが得でどっちが損なんでしょうか。

ここでは「買取」のメリット・デメリット、また、どんな人に「買取」が向いているのか、

そして最後に、買取で高く売る方法についてまとめておりますのでご参考ください。

売却方法は「仲介」と「買取」の2種類がある


「不動産業者がチラシで宣伝してくれて代わりに売ってくれるんじゃないの?」と思ってる方が多いですが、実は「仲介」と「買取」、この2つの売却方法があります。

仲介…不動産業者が間に入り、チラシ媒体やwebサイトに物件を掲載して買主を探してくれる方法。
買取…不動産業者が直接買い取ってくれる方法。

買取は「古本」で例えると、読まなくなった本をブックオフで買い取ってもらうのと同じ。

買い取ったあとは、店舗で売るために、本をキレイにクリーニングして再販売します。利益も計算し買取金額よりも上乗せして販売します。

これと同じように、マンションを買い取った業者は、費用をかけてリフォームし売り出すのです。

仮に、業者が1500万円でアナタからマンションを買い取ったとしましょう。

200万円くらいリフォームに費用をかけて、2000万円で再販売するようなことです。

仲介と比較した「買取」メリット・デメリット

買取のメリットはかなり多い!

仲介と比較した場合に挙げられるメリットは以下の通りです。


 ・即買取、現金化(時間をお金で買う)
 ・瑕疵担保責任の免除
 ・仲介手数料が無料の場合も
 ・購入者の内覧が必要ナシ
 ・広告媒体に掲載されないので知られない
 ・自分のスケジュールに合わせることができる
 ・資金計画を立てやすい
 ・住宅ローン残債務を交渉してくれる
 ・リフォームの必要ナシ

即買取、現金化(時間をお金で買う)

仲介と大きく違うのは「売れるまでの期間」です。
仲介の場合は3〜6ヶ月くらい、買取なら3〜1週間くらい。
かなりの差ですよね?

業者から直接買取する場合は、売買契約を済ませば数日で現金が手元にきます。

スグ売りたい!と考えているなら、価格さえ折り合いつくようでしたら買取がダンゼン早いです。

仲介手数料が無料

一般的に、「成約価格☓3%+6万円(税別」が仲介手数料になりますが、直接買取の場合にはかかりません。

1500万円で売れた場合には51万円(税別)といった計算です。

瑕疵担保責任の免除

一般的に、買取の場合は瑕疵担保責任が免除されます。

仲介の場合、売った後でも1年以内に瑕疵が見つかると売主に瑕疵担保責任として修復義務を課せられるから大変。

お金をもらって忘れたころに、数百万の単位で請求されてもキツイですよね…。

購入者の内覧が必要ナシ

売れるまで精神的に結構キツイのが、希望者には内覧させないといけないこと。でも売るためですからね、面倒くさがってられません。

アナタが売り物件から引っ越して空っぽの状態なら問題ありませんが、住んでいるなら話が変わってきます。

常に片付け、キレイな状態をキープ。生活臭をあまり出しすぎると悪い印象しかありません。

広告媒体に掲載されないので知人に知られることがない

マンションを売る場合、チラシやwebサイトに掲載するのが当たり前。

でも、「近所や知人に知られたくない」と、公開に積極的に思わない人もいます。

その点、買取でしたら広告掲載しないで売買契約を進めることができるので安心です。

売るタイミングを自分のスケジュールに合わせることができる

仲介の場合、とにかく売れる時期が予想できません。相場では3〜6ヶ月。でも、実際に売り出してみないと業者すらもわからないんですよね。

その点、買取ならいつでも依頼可能です。

アナタの計画通りに資金計画や引っ越しの予定を立てることができます。

リフォームの必要ナシ

仲介の場合は、必ず補修や修繕の箇所が出てきます。住んでれば物件が痛んでくるのは当然のことですので、修繕費用の捻出は仕方ありません。

ですが買取の場合は、業者が買い取ってからリフォームするので、修繕費用をかけずに買い取ってもらうことができます。

買取のデメリットは決定的なもの

買取のデメリットは一つだけですが、この一つがとにかく大きい!

仲介に比べ3〜4割減の価格になる

不動産業者で直接買い取る価格の相場は、仲介の売り出し価格より3〜4割減…。

1500万円で仲介査定が出ているとすれば、900〜1050万円程度の予測になるので、買取希望の方は仲介よりも安くなってしまうことを覚悟しておかなければならない点です。

業者が買取する理由


なぜ業者が直接買取をするのかと言いますと、付加価値をつけて業者が売主として再販売することが目的になります。

また、上で説明したように、仲介時よりも買取金額が低くなりますが、その理由は以下の通りです。

・リフォーム費およびリノベーション費
・買取時にかかった金融機関の手数料
・仲介として得られなかった仲介手数料

これらを「売れる金額から差し引いて買取金額を提示するため、仲介よりも安くなる」のがおわかりいただけるかと思います。

買取にも売主は費用がかかります

 ・売買契約書に貼付する印紙代
 ・住宅ローンを組んでいる場合は、抵当権抹消費用
 ・売却益が出た場合は、譲渡所得税

買取でもサービスはいろいろ

不動産業者に直接買い取ってもらうことに決めた」と思ってもちょっと待って!

買取でも以下のサービスがありますので、一番合う方法はどれか参考にしてください。

※ただし、業者によって未対応のサービスあるので事前に確認が必要です。
※業者ごとに名称が違う場合がありますのでご注意下さい。

即時買取サービス

最初から仲介として売却活動せずに直接不動産業者が買い取るサービス。
メリットとデメリットについてはこれまでに説明した通りです。

買取保証サービス

売却活動しても一定期間売れなかった場合に、直接不動産業者が買い取ってくれる保証です。
この場合、即時買取サービス同様に仲介手数料が不要。

買い取り賃貸居住サービス

直接、不動産業者が物件を買取、売主のあなたが賃料を払って住み続けるサービスです。
「大きなお金が必要。でも子供の通学のこともあるし、スグに引っ越し先を見つけるのは無理!」なんて人のためのサービスです。

買取に向いているのは…

では実際に仲介よりも買取に向いている人・物件はどんな場合かご参考ください。

・スグに現金が早くほしい
・築年数が30年以上など、古い物件
・過去に事件・事故があった物件
・物件の状態がボロく、非常に悪い
・交通の便など、利便性が悪い

【まとめ】 -結局、買取で高く買い取ってもらうには?-


いかがでしたか?
二つの売却方法のうち、「買取」について掘り下げて紹介しました。

高く買い取ってもらうなら「仲介」が確実です。

え? ここにきて仲介!?

ビックリですよね(笑)

でも、早く売りたい、売れにくい物件を買い取ってもらいたいなど「買取」にもたくさんメリットがあります

買取のメリット・デメリットをもう一度おさらいし、最終的に仲介にするのか買取にするのか、アナタ自身の判断にお任せします

最後までお読みいただきありがとうございました。