有利

日本の空き家の現状

building_mansion現在、中古マンションの査定マーケット熱い注目が注がれているのではないでしょうか。新築マンションは資材一方では人件費の想定外の上昇にと比べ価格が高騰し、完璧に高めになってきました。
そのために価格がきちんとした中古マンションの願っている人がたくさんいるのです。国は2020年に至るまでに中古住宅の市場規模を2倍にすることをアナウンスしたわけです。
アメリカ、そしてヨーロッパといった国では中古住宅を買う手に入れられる人が8割以上を占め多数派と考えられますが、日本全国はこの他にも中古住宅マーケットが未熟で全体の2割弱の人しか中古住宅を手にしていません。若い年代に的を絞って「中古のマンションを手に入れてリフォームし、自分らしい日常スタイルを望んでいる」とお考えの層が間違うことなく広がりを見せているのです。というのとは反対に日本中で見たケースでは、人口減による空き家率の上昇の割合は深刻ではないでしょうか。
総務が行った調査があり、平成25年「住宅・土地統計調査」の発表では国内全土の空いている家の数は820万戸5年より前に比べ63万戸近く増加し、過去飛び抜けた空き家が多数あるというのが現況です。

 

今後の住居用不動産の主流

jinkou_nihon現在のマーケットでは間違いなく中古マンションのニーズは存在するものの「売れるマンション」「売れないマンション」がはっきりと分かれていると見受けられます。マンション査定をするための施策をしっかり実施されている人はマンションを高値において売却することができ、的外れな仕方を行われている人々のマンションはどこまでいっても査定しても売れないと断言します。全国の至る所の不動産業界は長らく「新築住宅信仰」があったのだと思います。とにかく「新築住宅は不安や心配はいりません」という言葉を合言葉に、新築の住宅ばかりを売っていた過去があります。
新築の住宅は売り主がマンションディベロッパーなどといった不動産業者なので、売り払うのが難しくはないのです。
マンションの情勢や説明資料の様なことは隅から隅までマンションディベロッパーが揃えてくれるので、ある程度口のうまい営業担当者であれば何の問題もありませんでした。
その一方で、今後の流れは欧米と似通って中古マンションが主流になってくる事でしょう。
中古マンションの売却には「本格的なテクニック」が必要
マンションディベロッパーが何から現在まで何までしていただける新築マンションと違い、宣伝はたまた説明資料というものは不動産会社で作成しなくてはなりません。さらには中古マンションのケースでのウリ所、そして気をつけなければいけない気にすべきポイントがいっぱいあるのです。
皆さんがマンションの売却を申し込む不動産業者が「中古マンション」査定に強みを持っているかどうかは大事だと考えます。簡単に「有名店だから安心」といって委任してしまうと皆さんのマンションも「売れ残り」のマンションになってしまう危険性があるのです。皆さんが売却を相談する不動産業者が最先端マーケティングテクニックを駆使し、そして実施しているかも大事なのです。過去の不動産業者ですと、マンションの張り紙をチラシにすることで店頭に張り出したり、ひたすらポストに突っ込んで購入者を見い出したりしていました。世の中の情報量がわずかな時代だったのです。

 

高額査定の狙いどころ

denkyuu_on昔は、しっかりと見て閲覧してもらえるケースだってありましたが、近年ではあまりにも世の中の情報量が急増していますので、オフラインで購入者にコンタクトしても最初から目に留まりません。
昨今ではたくさんの人がスマートフォンを持つこともあって、1人の人間が1年間に消費する情報量は10年前と比較をしたら「65倍」に伸びているということなのです。
これと同じ様に情報が多すぎる中で「どの程度皆さんのマンションに目を留めていただくか」が、マンションを高額で査定をしてもらう上で狙いどころになるに違いないと考えます。